グランツーリスモ7はパンデミックのために2022年に押し戻されました

ポリフォニーデジタルのPS5専用レーシングタイトルであるグランツーリスモ7は、正式に2022年に延期されます。開発は、ソニーが「Covid関連の課題」のために生産にさらに時間が必要であると明らかにした後に行われます。

「GT7はCovid関連の課題の影響を受けているため、2021年から2022年に移行する予定です」とソニーのスポークスマンは語った。 英国のGQ PlayStationのCEO、ジム・ライアンとのインタビューで。 ライアンはこれらの正確な課題が何であるかについて詳しく述べませんでしたが、パンデミックは「ゲーム制作の重要な側面」に影響を与えたと言われました。

遅延の可能性が最初に噂されたのは、PlayStationの広告が変更され、次世代タイトルの「2021年前半」の打ち上げウィンドウの詳細が細かく印刷されなくなったときです。

このシリーズには、発売予定日に到達するのに苦労した歴史があり、グランツーリスモスポーツとグランツーリスモ5は最後に長い遅延を受けました。 ただし、ファンはフランチャイズの歴史の中で分割払いの間に長いギャップを見るようになります。

グランツーリスモ7が最終的に棚に上陸すると、フランチャイズのすべてのゲームのファンにサービスを提供すると言われています。 と話す GTplanet、シリーズクリエーターの山内一典は、次のエントリーを「過去、現在、未来のコンビネーション、グランツーリスモの完全な形」を払拭しました。

2020年のソニーの「TheFutureof Gaming」プレゼンテーションで発表された、GT7の ゲームプレイの最初の映像 GTシミュレーションキャンペーンモードとグランツーリスモスポーツが導入したGTスポーツモードの復活を紹介しました。 PS5のDualSenseコントローラーのおかげで、触覚フィードバックと適応トリガーを備えていることも期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です