コールオブデューティ:ウォーゾーン無制限のスティムグリッチとDMRナーフアップデート–パッチノート

コールオブデューティ:ウォーゾーン無制限のスティムグリッチとDMRナーフアップデート–パッチノート

RavenSoftwareがついに登場 パッチをリリース これにより、Call of Duty:Warzoneの無制限のスティムグリッチが修正されます。 この問題はほぼ1週間前から発生しており、特に、この不具合がゲームで発生したのはこれが初めてではありません。

無制限のスティムグリッチは、基本的にプレイヤーがアイテムを無制限に使用できるようにします。 プレイヤーがしなければならないのは、ガスのどこにでも座って、メディカルシリンジを何度でも使い続けることだけです。 前回とは異なり、グリッチはすぐに人気が出て、多くのプレイヤーが使い始めました。 実際、私たちがプレイしたほぼ毎秒のゲームでそのような出会いがありました。 ありがたいことに、パッチ後はグリッチは機能しなくなりました。

無制限のStimグリッチを修正する以外に、このパッチはDMR 14をさらに弱体化させます。これは、ゲーム内でかなり長い間アンバランスになっています。 ながら 以前のアップデートでは、ヘッドショットのダメージが減少し、反動が増加しました、銃はまだかなり圧倒されていました。 ただし、最近の更新により、銃のステータスに多数の変更が加えられ、タイプ63ライフルも同様に調整されました。 アップデートの完全なパッチノートは次のとおりです。


𝐁𝐥𝐮𝐞𝐩𝐫𝐢𝐧𝐭s

𝐆𝐚𝐥𝐥𝐚𝐧𝐭𝐫𝐲(𝐌𝐚𝐜-𝟏𝟎)

–ベースのMac-10に一致するようにすべての統計が更新されました

𝐖𝐞𝐚𝐩𝐨𝐧𝐬

𝐃𝐌𝐑𝟏𝟒

•弾丸の貫通力が狙撃兵からARに減少

•ダメージフォールオフ範囲が減少しました
–前に55ダメージ/ 750ユニット後に48ダメージ(2500ユニットから70%減少)

•反動が増加しました
–2番目と3番目の弾丸で適度に増加
–後続の弾丸のためにわずかに増加

•位置損傷乗数が調整されました
–ヘッドショットは、750ユニット後に100未満のダメージを与えるようになりました
–下半身が1.1から1.01に減少(〜8%)

𝐓𝐲𝐩𝐞𝟔𝟑

•弾丸の貫通力が狙撃兵からARに減少

•ダメージフォールオフ範囲が減少しました
–前に60ダメージ/ 900ユニット後に45ダメージ(2000ユニットから55%減少)

𝐁𝐮𝐫𝐬𝐭𝐏𝐢𝐬𝐭𝐨𝐥

•最大ダメージが45から40に減少しました(〜11%)

𝐀𝐭𝐭𝐚𝐜𝐡𝐦𝐞𝐧𝐭𝐬

𝐃𝐌𝐑𝟏𝟒

•フロントグリップ
–垂直反動の減少が削除されました
–水平方向の反動の減少が20%から30%に増加しました

•フィールドエージェントフォアグリップ
–垂直反動の減少が35%から25%に減少しました
–水平方向の反動の減少が35%から30%に増加しました

𝐓𝐲𝐩𝐞𝟔𝟑

•フロントグリップ
–垂直反動の減少が削除されました
–水平方向の反動の減少が20%から30%に増加しました

•スペツナズ人間工学的グリップ
–垂直反動の減少が45%から30%に減少しました
–水平方向の反動の減少が45%から40%に減少しました

𝐁𝐮𝐫𝐬𝐭𝐏𝐢𝐬𝐭𝐨𝐥

•Akimbo
–すべてのロケーションダメージ乗数を1に設定

𝐓𝐚𝐜𝐭𝐢𝐜𝐚𝐥𝐄𝐪𝐮𝐢𝐩𝐦𝐞𝐧𝐭

•手榴弾を調理しているときに武器を落としたときに、プレイヤーが無限の戦術装備(スティム)を取得しなくなりました

𝐂𝐡𝐚𝐥𝐥𝐞𝐧𝐠𝐞𝐬

•意図したとおりに表示/追跡するように修正された季節の課題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です