ブラックオプスコールドウォーゾンビの「オープンワールド」モードが開発者にからかわれた

コールオブデューティブラックオプスコールドウォーのシーズン2が今月後半に開催されることを明らかにして以来、Treyarchは、この新しいコンテンツの波がゾンビプレイヤーにとって何を意味するのかについても示唆しました。 開発者のソーシャルメディアチームは、最近噂されている協力ゲームモードのリリースを微妙に確認しているようです。

先週の初め、Okami13_という名前の漏洩者は、「オープンワールドゾンビ」モードが「間もなく登場」することを最初に提案しました。 彼らは、それがアウトブレイクとして知られ、マルチプレイヤーのファイアチームマップの1つで行われると主張するところまで行きました。 さて、Treyarchはこの明らかなリークの風を受けて、ゆっくりとこのアウトブレイクモードを自分のペースで明らかにし始めたようです。

「ウラル山脈で進行中の作戦があります。 私はフィールドに留まらなければならない」とTreyarchは水曜日にツイートした。 投稿には、ゾンビの特徴的なテレポーテーションアニメーションと非公開の郊外の場所をフィーチャーしたGIFも付属しています。 最も興味深いのは、ウラル山脈が現在の各ファイアチームマップの本拠地であり、漏洩者の主張の妥当性を高めるだけです。

しかし、Treyarchはそこで止まりませんでした。 数時間後、 フォローアップツイート この想定されたモードでのダークオードのストーリーラインの継続をほのめかしました。 それは、エーテリウムの結晶が「地域全体に広がっている」、さらには「大気自体を変えている」と説明しました。

これらのファイアチームマップがどのように変更されるかは誰もが推測できますが、ゾンビの「発生」が差し迫っていることに対して確実に脆弱になっています。 ごく最近、公式のブラックオプスコールドウォーのシーズン2が2月25日に開始されるようになりました。したがって、この画期的なゲームモードを期待している人は、今月後半にCall of DutyZombiesの将来に関する詳細情報を期待する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です