マナの試用版は、出荷およびデジタル購入で100万部を超えました

によると スクウェア・エニックスのプレスリリース、2020年のマナの試練のリメイクは100万部のマイルストーンを超え、今ではフランチャイズで最も売れているタイトルになっています。 販売数は、物理的に出荷されたコピーとデジタルで販売されたコピーの両方を組み合わせたものです。 スクウェア・エニックスの松田洋祐社長は、昨年8月の決算説明会で「聖剣伝説3の売上は当初の予想を大きく上回った」と述べた。

この機会を記念して、同社はゲームのメインキャストとサポートキャストをフィーチャーした新しいイラストもリリースしました。これは上に表示されています。

昨年リリースされた「聖剣伝説3」は、スーパーファミコン専用に日本で最初にリリースされたオリジナルの聖剣伝説3を完全に3Dリメイクしたものです。 4月24日にNintendoSwitch、PlayStation 4、PC向けにリリースされたリメイク。

ゲームの最新のアップデートは2020年10月にドロップされ、2つのまったく新しい難易度レベルが特徴でした。能力と装備できるアイテムの数を制限するNo Futureと、より強力な敵をフィーチャーしたより標準的な難易度ジャンプであるVeryHardです。 このアップデートには、NoFutureモードで獲得したRabiteSlipperアクセサリと、クラス変更コスチュームを新しいプレイスルーに転送する機能も含まれています。