MicrosoftのxCloudブラウザアプリのスニークピークがおなじみのレイアウトをデビュー

MicrosoftのxCloudブラウザアプリのスニークピークがおなじみのレイアウトをデビュー

AppleがXboxGame PassストリーミングアプリxCloudをデバイスに搭載するというMicrosoftの計画に反して、コンソールの作成者はWebブラウザーの回避策のテストを開始しました。 経由 TheVerge、ランチャーの最初の画像が到着し、そのUIはすべてのXboxユーザーに非常に認識されます。

プレビューに基づくと、Webバージョンのユーザーは、Xbox Game Pass Ultimateで利用可能なすべてのクラウドゲームを管理しているように見えます。ジャンル別に並べ替えたり、単に目的のタイトルを検索したりすることもできます。 さらに、プレーヤーはホームページから最後にプレイしたタイトルにジャンプでき、ゲームがサービスを終了するたびに更新されます。 ランチャーはフルスクリーンで実行されますが、各ゲームをプレイするには互換性のあるコントローラーが必要です。

TheVergeはまた、ブラウザのインフラストラクチャは現在Xbox One Sを中心に構築されているため、タイトルは当面4Kでストリーミングされないと報告しています。 ただし、xCloudは、Xbox Series Xのグラフィックの忠実度を反映するために、今年後半にサービスの一部をアップグレードする予定です。

TheVerge、Microsoft経由の画像

現時点では、このWebバージョンを少し覗き見したい場合は、GoogleChromeまたはMicrosoftEdgeのいずれかが必要になります。 ただし、Microsoftは最近、パブリックプレビューが今春に展開される可能性があり、iPhone、iPad、およびその他のブラウザーのプレビューに追加のxCloudアクセスを許可すると発表しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です