Yu-Gi-Oh! デュエルリンクス:サイバードラゴンデッキビルド(2021)

Yu-Gi-Oh! デュエルリンクス:サイバードラゴンデッキビルド(2021)

Yu-Gi-Ohで! GXアニメショーのZaneTruesdaleは、サイバードラゴンカードの軍隊で、ショーの主人公を含む敵を圧倒することができました。 原型はYu-Gi-Ohの間でファンのお気に入りであるだけではありません! ファンだけでなく、TCGプレーヤーもいます。これは、2000年代半ば以降、アーキタイプがメタゲームの主力となっているためです。

その歴史のすべてで、原型がデュエルリンクスの間で人気があるだけでなく、いくつかのメタ関連性もあることは驚くべきことではありません。 しかし、どうすればデュエルリンクスでサイバードラゴンデッキを構築できますか? サイバードラゴンのデッキビルドに関する推奨事項を確認してみましょう。まず、絶対に必要なスキルから始めましょう。

スキル

デュエルリンクスの最高のスキルの1つはサイバースタイルです。これは、ユーザーのライフポイントが2000以下に達したときにアクティブにできます。 その場合、サイバースタイルを発動したプレイヤーは、デュエリストがゲーム内でダウンしているLPごとに、プロトサイバードラゴンを何度も召喚することができます。 たとえば、プレーヤーのLPが1000の場合、最大3つのプロトサイバードラゴンです。

このスキルは、プロトサイバードラゴンの名前がフィールドにいるときにサイバードラゴンになるため、このアーキタイプで非常にうまく機能します。 そのため、このスキルを使用すると、このデッキのフュージョン召喚の可能性を最大限に高めることができますが、伝説のデュエリストであるZaneTruesdaleだけがそれを持っていることに注意してください。

それでは、メインデッキに移りましょう。

メインデッキ

モンスター

  • 1サイバードラゴン
  • 3サイバードラゴンビア
  • 3サイバードラゴンコア
  • 1サイバードラゴンスリー(オプション)

驚いたことに、このビルドには多くのモンスターは必要ありません。 しかし、プレイヤーにとってさらに大きなショックとなるのは、サイバードラゴンデッキに実際に必要なサイバードラゴンは1つだけだということです。 しかし、それはサイバードラゴンの可能性が限られているという事実の副産物です。

確かに、2100ATKと1600DEFを誇るサイバードラゴンは脅威になる可能性があります。特に、ターンプレイヤーがフィールドにモンスターを持っていないときに特殊召喚できるので、敵はそうです。 しかし、このビルドの他のモンスターは、一般的に、より多くの描画力と力を持っています。 したがって、代わりに、Cyber​​ DragonVierとCyber​​DragonCoreのコピーをさらにパックしたい理由は次のとおりです。

  • サイバードラゴンビア –「サイバードラゴン」が通常フィールドに召喚されたときに特殊召喚できる。 Vierはまた、フィールド上のサイバードラゴンという名前のすべてのカードのATKとDEFを500ポイント上げることができます。
  • サイバードラゴンコア –召喚時にデッキから「サイバー」呪文または罠カードを1枚追加できる。

このデッキの目標は、Coreを開き、手元にあるものに応じてCyber​​loadFusionまたはCyber​​neticOverflowのいずれかを取得し、そこから進むことです。 Vierは、サイバードラゴンカードのブーストとしても使用できます。

呪文カード

  • 2-3宇宙サイクロン
  • 3サイバーロードフュージョン
  • 2-3サイバネティックフュージョンサポート
  • 1-2フュージョンゲート
  • 1-3嵐
  • 1深淵の布告者(オプション)

このデッキのメインのスペルカードはサイバーロードフュージョンです。これは本質的に重合のより良いバージョンですが、素材としてサイバードラゴンモンスターでのみ使用できます。 サイバードラゴンカードをGYに送る代わりに、サイバーロードフュージョンは、それを使用してフュージョン召喚しているプレイヤーに、フィールド上または追放された山(表向き)にいるモンスターをデッキに送り返すことを要求します。 その見返りに、プレイヤーはカードを融合召喚することができますが、ひねりを加えて、召喚されたターンに攻撃できるのはそのモンスターだけです。

このカードはデッキとの相乗効果が大きいので、その理由についてはすぐに説明します。 さらに、フィールドスペルフュージョンゲートもうまく機能します。 モンスターの融合召喚にも使用できるからです。

使用を検討する必要がある他のカードは、CosmicCycloneとCyber​​neticFusionSupportです。 これらのカードは両方ともLPを使用する必要がありますが、LPを下げると、プレイヤーはサイバースタイルのスキルをアクティブにし、より多くのフュージョンマテリアルを入手できるため、実際には問題ありません。 さらに、ストームを使用して、コズミックサイクロンと一緒にスペルとトラップをポップすることができます。 そして、それはCyber​​neticOverflowとうまく相乗効果を発揮します。

トラップカード

  • 2サイバネティックオーバーフロー
  • 2深淵-軽蔑(オプション)
  • 2-3古生代カナディア(オプション)
  • 2-3カルマカット(オプション)

このデッキのマーキートラップカードはサイバネティックオーバーフローです。 この罠は、発動すると、ターンプレイヤーが手札、フィールド、またはGYからサイバードラゴンまたはサイバードラゴンを追放し、その後、相手側の同数のカードを破壊することを可能にします。 したがって、フィールドの自分の側から2枚のサイバードラゴンを追放すると、相手に属する2枚のカードを破壊することができます。

しかし、オーバーフローには、ストームとうまく相乗効果を発揮するセコン効果があります。 このカードがカード効果によってフィールド上で破壊された場合、オーバーフローのコントローラーは手札にサイバー呪文/罠カードを1枚加えることができる。 これは、コアの外にある2番目のオプションであり、Cyber​​neticFusionを手札に追加するために使用できます。

このデッキの他のトラップオプションには、このセットがカードで破壊されたときに対戦相手がコントロールする1つのモンスターを破壊できるアビススコーン(ヒント:ストームを使用)、およびメタゲームで重要な役割を果たす他の2つのトラップ:古生代カナディアとカルマカット。

エクストラデッキ

  • 3キメラテック暴れドラゴン
  • 2サイバーツインドラゴン
  • 1キメラテックオーバードラゴン
  • 1サイバーエンドドラゴン

次に、このビルドの最も重要な部分であるエクストラデッキに移ります。 ブルーアイズやノーブルナイトを含む他の多くのメタ関連デッキはシンクロモンスターとエクシーズモンスターを利用していますが、これは古き良きフュージョンモンスターを使用しています。

このデッキの最後のゲームは、フュージョンモンスター、理想的にはキメラテック暴れドラゴンを引き出すことです。 サイバーロードフュージョンを使って召喚できるキメラテックランページドラゴンは、素材として2つ以上のサイバードラゴンが必要であり、敵のゲームプランを爆破する可能性のある複数の効果があります。

まず、材料について何をすべきかを見ていきましょう。2つのサイバードラゴンが最小であっても、コントローラーは、召喚に使用された材料の数に等しい数のスペルカードまたはトラップカードをフィールドにポップできます。 したがって、3つのサイバードラゴンを使用し、その見返りに、対戦相手の側に3枚のスペル/トラップカードをポップするか、2枚のスペル/トラップカードとアビスの軽蔑を使ってモンスターを追いかけることができます。

しかし、ランページドラゴンをさらに脅かすのは、CRDが同じラウンドで2回攻撃できるようにするために、ターンごとに1回、ターンプレイヤーがデッキから2つのライトモンスターを追放できるという事実です。 これで、Cyber​​loadFusionの効果が非常に優れている理由がわかります。

必要に応じて、フュージョン召喚のその他のオプションは次のとおりです。

  • サイバーツインドラゴン –1ターンに2回攻撃できます
  • サイバーエンドドラゴン – 4000 ATK、防御位置モンスターを攻撃するときに刺突ダメージを与えることができます
  • キメラテックオーバードラゴン –フィールド全体を爆破しますが、召喚に使用された融合材料の数の800倍に等しいATKとDEFを獲得します

このデッキは、実際にはOTKに依存し、Karma Cutによってすばやく爆破できるオール・オア・ナッシングのデッキであるため、弱点がありますが、それでもかなり良い場合があります。 ボックスにある多くのURカードとSRカードが必要なため、構築にはかなりの費用がかかりますが、サイバードラゴンの原型のファンなら、これらのマシンはまだ競争力があるということです。 、デュエルリンクスでも。 また、コアで開く可能性を高めるために、デッキ内のカードの数を20に制限することを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です